大人気のスマートドラッグ(スマドラ)とは一体どんなお薬?

スマートドラッグとは?

スマートドラッグとは?

スマートドラッグは、比較的若い一部の学生の間で流行しているもので、「スマドラ」と略されることもあります。もともと、1990年後半にアメリカの学生の間で流行したもので、脳の中枢神経に作用し集中力を高めることが出来るという特徴を勉強用に用いる学生が多かったようです。 日本では医薬品を購入するという場合、医師の処方箋が必要となりますが、インターネットの普及により、個人輸入という方法で海外から安く医薬品を購入することが出来るため、進学校の中高生にも使用している人が出始めているようです。

スマドラや睡眠薬の通販はくすりぴあをご利用下さい。

スマートドラッグの効果

スマートドラッグの効果

最近、頻繁に耳にするようになった言葉に、スマートドラッグがあります。中には、ドラッグのフレーズから違法薬物を連想する人もいるようですが、決して法律に反したものではありません。あくまでも、合法の医薬品や栄養素、サプリメント、健康食品などを指すものです。スマートドラッグを日本語に直訳すると、「優れた脳の薬」とか「頭が良くなる薬」といったように書かれることが一般的です。実際に期待されている効果も、その翻訳のとおりです。ですから、スマートドラッグはにわかに広まっています。

スマートドラッグの飲み方・使用方法

スマートドラッグの飲み方・使用方法

スマートドラッグとは集中力・記憶力を向上させるお薬で正しい飲み方をすることで、その効力を最大限に引き出すことができます。多くのスマートドラッグで1日3回の経口摂取上限をもうけており、飲み方は個人に任せています。使用方法としては、お薬を服用してから約1時間で効果があらわれ持続時間約5,6時間です。勉強や仕事を行う時間や予定を考慮して、始める1時間前に服用するのがベストといえるでしょう。また、空腹ではお薬の効果が半減してしまうため服用するまえに食事を摂ることが大事です。

正しいピラセタムの飲み方はクスリグラでチェック

スマートドラッグの副作用

スマートドラッグの副作用

授業の内容が頭に入ってこなかったり、勉強を続けていても集中力がすぐに途切れてしまうという人たちが、スマートドラッグを愛用する事が増えています。元々はADHDやナルコレプシーなどの病気の治療のために使われていた薬が、集中力や記憶力を高める効果があると噂になり、スマートドラッグとして広まるようになりました。脳神経に強く作用する効果を持っているために、薬の種類によっては副作用も大きいために、服用をする際には注意が必要です。めまいや吐き気に悩まされるだけでなく、薬の効果が切れた際の倦怠感の大きさなども、副作用の一つとして気を付けなければいけません。

スマートドラッグは麻薬?

スマートドラッグは麻薬?

スマートドラッグは飲むと頭が良くなるという口コミでアメリカの大学生の間で一時期流行したようです。ドラッグという名前がついていますが、麻薬ではなく、個人輸入で手に入れることができます。しかし、薬なので副作用もあり、中毒になってしまうと飲まないと勉強ができなくなるという意見もあります。日本では医師の処方箋がないと薬は入手できませんが、海外からの個人輸入なら手に入ってしまう時代です。安易に手を出さないことが無難でしょう。