良い効果だけじゃない!?スマートドラッグの副作用とは?

スマドラの副作用とは?

スマートドラッグの副作用

スマートドラッグは、栄養素やサプリメントとして摂取されるもので、脳の神経伝達物質などの供給を増やす作用が期待されています。

また、酵素やホルモン、そして酵素の供給量を向上させる効果もあるとされています。スマートドラッグと呼ばれる化合物の大半は、ハーブや樹皮などの植物成分で、栄養補助食品や一般用医薬品として薬局でも販売されています。

但し、一部のものは処方箋医薬品に指定されており、アルツハイマーやパーキンソン病治療に用いられています。その他、認知学習障害の予防や酸素欠乏による低酸素症予防にも使用される場合があります。

スマートドラッグ(ヌートロピック)は、神経伝達物質の補助的役割を果たすもので、伝達物質産出に必要な前駆体などを体内に補給することになります。

また、定期的な有酸素運動は心臓血管を強めることになり、心臓から脳へ供給される酸素量を増大される効果が期待されます。そして、それによって、認知性を向上させる効果に繋がることになります。

認知や思考という精神活動は、生物学的には複雑な脳内活動となります。思考に関しては、ニューロンの活性化がポイントになりますが、その為には充分な神経伝達物質が必要になります。

当物質はシナプス末端への再取り込みがなされ、再利用されるものです。但し、再利用される内には、徐々に消耗されていきます。

神経伝達物質が消耗されると、脳内活動のパフォーマンスが低下し、注意力や論理的思考力をはじめ、学習能率や想起能力、そして各種処理能力やレスポンスなどが衰えてきます。

さらに程度が増すと、憂鬱などの精神疲労を起こすことになり、慢性化がうつ病を発症させることもあります。加えて、そのような負の症状が神経伝達物質の分泌低下を促進する、負のスパイラルとなるリスクがあるわけです。

それ故、伝達物質の補給は常に行われることが大事で、伝達物質の合成素材となる成分を摂取することに重要な意味があります。合成素材としては、化合成分であっても何ら問題はないので、サプリメントなどで取り入れることもできるわけです。

スマートドラッグ(スマドラ)には、集中力を高める効果が認められており、服用すれば徹夜も楽にできると言われています。但し、薬には副作用がつきもので、薬の効果が切れると、イライラや吐き気、そしてめまいなどの症状が出る場合もあります。

それ故、病気治療或いは、特別に集中力を必要とする場面での服用に限るのが良いとされており、慢性的に服用するのはリスクが高いものとなっています。

また、スマドラの中には、頭痛や下痢などの副作用や、肝機能障害の副作用を起こすものもあり、服用には細心の注意が必要です。