スマートドラッグを飲むと、どんな効果が期待できる?

スマドラの効果とは?

スマートドラッグの効果

「頭が良くなる薬」とされるスマートドラッグには、頭の機能を向上させる効果があるといわれています。

主に脳の神経伝達物質、ホルモンなどの神経化学物質の供給を増やし、血流を増やすなど酸素の供給量を向上させ、神経の成長を促進させることで、働きを活性化させるといわれているのです。

脳が十分に機能するためには、神経伝達物質を必要とします。この神経伝達物質は、思考することで消耗していきます。集中を要する勉強や仕事など、長時間の作業で頭を酷使することで消耗されてしまうのです。

神経伝達物質が消耗されることで、頭の働きも低下してしまうのです。考える力が衰えることで、論理的にものごとを組み立てる思考力、学習効率、調整、処理能力などのレスポンスの低下は著しく作業効率を低下させます。

精神的な疲労やストレスの原因にもなってしまうのです。スマートドラッグは精神伝達物質の消耗を防ぎ、頭の働きを向上させる働きをするのです。

代謝を増大させエネルギーを高めることで、右と左の両脳半球間の情報伝達を活性化させ、考える力と集中力を高めるのです。記憶や学習能力に関わる海馬の神経伝達をスムーズにする効果もあるとされているのです。

そしてスマートドラッグは、脳の栄養や酸素の供給を改善する効果があるとされています。細胞が活動するためのエネルギーとなるATP(アデノシン三リン酸)を生産することで脳のエネルギーを向上。

血流を促すことで酸素の供給など、細胞内のミトコンドリアを介する酸素の運搬を促進するといわれます。スマートドラッグの働きで情報伝達のレスポンスを向上することで頭の回転を良くし、集中力や発想力を高める効果もあるといわれるのです。

頭のエネルギーとなる酸素の供給が高められ、神経の成長刺激や保護など、思考する力を高めることで、頭が良くなるとされているのです。また精神的に不安定な状態を安定させるともいわれます。

鬱による不安や無力感、悲しみなどの負の感情は考える力を減退させます。また鬱による無気力は、やる気やもの事に対する興味などの生産的で前向きな思考を失わせます。

そして睡眠障害や精神的疲労など、スマートドラッグにはこれらの鬱状態を改善する効果が期待できるとされているのです。

気分を高める事で精神エネルギーを促進、不安を和らげ、心のストレスを軽減する働きもあるとされているのです。ADD/ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療に用いられる場合もあるのです。